2009年09月30日

逆井城跡公園

茨城県坂東市の逆井城跡公園を訪ねました。常磐道谷和原インターを降り、県道252号、136号、135号等を経て到着です。
逆井城跡公園

二層櫓
二層櫓。発掘調査に基づいて復元した戦国期の櫓です。補修工事中のため櫓に繋がる塀の土壁は、土が剥がされています。

井楼矢倉
井楼矢倉。実際ここに存在したのかは分かりませんが、戦国期のものを復元しています。

観音堂
観音堂。坂東市内の大安寺から移築されたもので、天正16年(1588年)の棟札が確認されています。

近くに時代を下った瓦葺きの屋根が見えます。
関宿城門
千葉県野田市の関宿城にあった城門で、江戸期のものと思われます。

城門の内側は、主殿と庭園です。
主殿
主殿は、茨城県潮来市の大台城の主殿遺構を基に復元されたものです。

東側の曲輪から本丸と思われる曲輪を見ると、空堀を跨ぐ橋と櫓門が設けられています。
橋と櫓門
本丸内は森になっています。

櫓門
櫓門も発掘調査に基づき復元されています。遺構保存のため位置は少しずらしているとの事です。

公園内に土塁や堀が充分に残っており、復元された建物も含めて戦国期城郭の雰囲気を見事に再現しています。歴史ファンは必見かもしれません。

posted by ぱぺすけ at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 城跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする