2010年05月10日

殿塚・姫塚(芝山古墳群)

千葉県横芝光町にある殿塚・姫塚を訪ねました。
殿塚・姫塚は芝山古墳群の代表的な古墳で、6世紀末に築造されたと推定されています。

1殿塚後円部.jpg
殿塚の後円部。殿塚は前方後円墳で、全長88m、高さ13mの規模があります。

2殿塚墳丘.jpg
殿塚は樹木に隠れて墳丘全体の形がハッキリしませんが、二重の周溝があったことは覗えます。

3殿塚前方部.jpg
殿塚の後円部の上から前方部を望む

4殿塚周溝跡.jpg
前方部から見た周溝跡

5姫塚墳丘.jpg
殿塚の北に並ぶようにある姫塚。全長58m、高さ6mです。

6姫塚後円部.jpg
姫塚の前方部の上から後円部を望む。この墳丘中段から葬列を模した埴輪が出土しています。出土物は、芝山町の観音教寺境内にある「芝山ミューゼアム」に展示されています。

7第3号墳.jpg
殿塚と姫塚の間にある土の盛り上がり、2つの古墳に比べれば小さいですがこれも古墳です。

8芝山公園縮小模型.jpg
芝山町の芝山公園には殿塚の縮小模型が造られています。並んでいる埴輪は、姫塚から出土した埴輪の複製です。

周辺地図

タグ:古墳 史跡 埴輪
posted by ぱぺすけ at 22:00| Comment(0) | 古墳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする