2010年08月03日

府中愛宕山古墳

前回訪ねた舟塚山古墳から県道118号へ戻ると、住宅地の向こうに別の墳丘が見えます。

9)府中愛宕山古墳入口.jpg
住宅と畑の間の路地を入ると府中愛宕山古墳の入り口が見えてきます。見えている墳丘は後円部です。

10)前方部上.jpg
後円部の上から見た前方部

11)後円部上.jpg
前方部から見た後円部。土を削り出した跡と思われる変形があります。

12)後円部北西.jpg
北西の周濠跡から見た後円部

13)墳丘北.jpg
北から見た墳丘。全長96.6m、後円部径57mの規模があり、6世紀前半の築造と推定されています。

一部が宅地化で削られていますが、現在は墳丘を守るため石岡市が保存管理をしているようです。


ラベル:古墳 史跡
posted by ぱぺすけ at 20:33| Comment(0) | 古墳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月02日

舟塚山古墳

茨城県石岡市の舟塚山古墳を訪ねました。この古墳は、全長186m、前方部幅100mの前方後円墳丘を持ち、5世紀後半に築造されたと推定されています。東日本第2位の規模があり、国の史跡に指定されています。

1)石碑.jpg
県道118号線沿いに建つ石碑。近くに見学者用駐車場があります。

2)後円部北.jpg
駐車場から畑の中の道を進むと鳥居と木立が見えてきます。その木立の後ろに墳丘が伸びています。左が後円部、右が前方部です。

3)鹿島神社.jpg
後円部のふもとに鎮座する鹿島神社。

4)後円部墳頂.jpg
後円部の頂上、三等三角点が置かれています。遠方に薄く二つの峰が見えているのは筑波山です。

5)前方部上.jpg
後円部から見た前方部

6)後円部上.jpg
前方部から見た後円部

7)北斜面段.jpg
後円部北側斜面は段が残っており、3段築成であることが分かります。

8)墳丘北西.jpg
墳丘を北西側から望む。手前のネギ畑は周濠跡です。

この古墳から北東に300mのところにも別の大型古墳があるので、次回はそれを紹介します。


ラベル:史跡 古墳
posted by ぱぺすけ at 20:17| Comment(0) | 古墳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする