2013年08月30日

宮山観音古墳

 明野ひまわりの里で花を観賞した後は、県道向かいの宮山ふるさとふれあい公園内にある宮山観音古墳を見学しました。

宮山観音古墳
古墳の模型

宮山観音古墳
鹿島神社の参道が前方部と後円部の境あたりを貫いています。左が前方部、右が後円部です。

宮山観音古墳
鳥居をくぐり神社境内から見た前方部

宮山観音古墳
頂部に祠がある後円部。解説板によると、この古墳は全長92m、後円部直径45mで5世紀早期の築造と推定されています。

参道を200m程進むと鹿島神社の社殿がありますが、その裏手には宮山石倉遺跡があります。
宮山観音古墳

宮山観音古墳
古墳との関連性も感じられますが、解説板には次のように記載されています。

 石倉遺跡は、南北70メートル・東西30メートルの範囲に巨大な岩が積み上げられたような状態となっております。
(中略)
 ここに横たわる石は、「弘法の硯石」と呼ばれ、弘法大師が墨を擦ったという謂れのあるもので、渇水期にも涸れず、この水で墨を擦り習字を書くと字が上手になれると言い伝えらております。

写真右下の窪みには水が溜まっていました。

弘法大師空海に関するものはもう一つあります。
宮山観音古墳
古墳後円部に隣接して建つ宮山観音堂。行基が作り、空海が修復したと伝えられる十一面観音像が収められています。

周辺地図

ラベル:遺跡 古墳 茨城県
posted by ぱぺすけ at 14:55| Comment(0) | 古墳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月29日

明野ひまわりの里

 茨城県筑西市の明野ひまわりの里です。キバナコスモスは満開、八重ヒマワリも間もなく満開になりそうです。

明野ひまわりの里

明野ひまわりの里

明野ひまわりの里

明野ひまわりの里

明野ひまわりの里

posted by ぱぺすけ at 13:40| Comment(0) | 公園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする