2015年03月27日

古河総合公園桃林

 桃まつりが開催されている古河総合公園に行ってきました。平日にもかかわらず、駐車場はほぼ満車状態の盛況ぶりでした。

古河総合公園桃林

古河総合公園桃林

古河総合公園桃林

古河総合公園桃林

古河総合公園桃林

古河総合公園桃林

古河総合公園桃林


posted by ぱぺすけ at 20:08| Comment(0) | 公園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月20日

武蔵松山城跡

埼玉県吉見町の松山城跡を訪ねました。
松山城の歴史については、本曲輪に設置されている案内図に次のように記述されています。

     松山城の築城は、山内上杉氏・扇谷上杉氏らによる関東の動乱を背景とした15世紀後半
    という考え方が有力である。松山城が中世史上に登場してくるのは大永4年(1524)1月
    以降であり、室町幕府の要職にあった公方足利氏、扇谷・山内両上杉氏の対立から、
    関東制覇を進める後北条氏が進出する時期と言える。この中にあって関東各地は一気に
    戦乱の渦中に巻き込まれるが、松山城もその例外でなく常に戦略の最前線として、
    後北条氏・甲斐武田氏と岩槻太田氏・越後上杉氏との間で、幾多の合戦がくり広げ
    られた。天正18年、豊臣秀吉による関東攻略が行われた際には、前田利家・上杉景勝の
    大軍に包囲され、4月下旬に落城した。徳川家康の関東入国の後は、松平家広が居城したが、
    跡を継いだ弟の忠頼が慶長6年(1601)に浜松城に移封されたのにともない廃城となった。


01)松山城縄張図.jpg
兵糧倉跡の標柱に掲載されている縄張図(丸数字は加筆)

02)松山城跡.jpg
県道27号線沿いの城跡入口から登城します。(縄張図

03)松山城跡.jpg
本曲輪に向かって急な登りが続きます。

04)松山城跡.jpg
本曲輪入口の階段から南西方向を撮影 − 本曲輪と堀切で隔てられた曲輪があります。この曲輪の下には囲むように笹曲輪があるはずですが、藪になっていて確認することはできませんでした。

05)松山城跡.jpg
本曲輪跡 − 近年の寺院跡が残っています。

06)松山城跡.jpg
本曲輪の北東部、櫓台と思われる一段高い場所に石碑がありますが、倒壊の恐れがあるのか近付くことはできませんでした。

07)松山城跡.jpg
本曲輪から南東方向の眺望 − 北方から流れてきた市野川は、松山城がある丘陵地に当たり蛇行して画面奥(南東)方向へ流れて行きます。

08)松山城跡.jpg
本曲輪から西方向の眺望

09)松山城跡.jpg
本曲輪から北西へ下った位置にある兵糧庫跡

10)松山城跡.jpg
岩室観音のお堂に続く竪堀(縄張図

11)岩室観音.jpg
岩室観音 − 解説板には次のように記述されています。

     岩をうがって観音像をまつったところから岩室観音という。龍性院の境外仏堂である。
     この観音のはじまりは弘仁年中(八一〇〜八二四年)といわれているが、たしかな記録は
    残っていない。
     松山城主が代々信仰し護持していたが、天正十八年(一五九〇年)松山城の攻防戦の際に
    兵火にあって当時のお堂は焼失してしまった。
     現在のお堂は、江戸時代の寛文年間(一六六一〜一六七三年)に龍性院第三世堯音が
    近郷近在の信者の助力を得て再建したものである。お堂の造りは懸造り様式で、江戸時代の
    ものとしては、めずらしいものである。 <後略>


12)松山城跡.jpg
虎口を外側から撮影(縄張図) − 通路の左には土塁、右の竹林は竪堀です。

13)松山城跡.jpg
虎口から見た惣曲輪

14)松山城跡.jpg
ニノ曲輪跡 − こちらには近年の社跡と思われる基礎が残っています。

15)松山城跡.jpg
二ノ曲輪から本曲輪を望む(縄張図) − 二ノ曲輪西側は、空堀を挟み石碑が設置されている櫓台跡(写真右の高い場所)をコの字形に囲んでいます。

16)松山城跡.jpg
馬出 − 左は三ノ曲輪と結ぶ土橋

17)松山城跡.jpg
馬出東側の土塁 − 馬出と接続しており容易に土塁上へ行くことができますが、往時には接続部に段差が設けられていたと思われます。

18)松山城跡.jpg
馬出の北端から曲輪4の方向を撮影 − 右下の草の生えていない場所は池の跡と思われます。

19)松山城跡.jpg
三ノ曲輪

20)松山城跡.jpg
三ノ曲輪から見た二ノ曲輪

21)松山城跡.jpg
三ノ曲輪から見た曲輪4

22)松山城跡.jpg
三ノ曲輪の北端は、樹木がなければ虎口や惣曲輪を見下ろすことができます。斜面を少し下ると虎口の土塁を確認できました。(縄張図

23)松山城跡.jpg
曲輪4の土塁(縄張図

松山城跡は、巧みに屈曲させた二ノ曲輪周囲の空堀が印象に残る城跡でした。同じ市野川流域にある杉山城と比べると曲輪の形はいびつですが、深く幅のある空堀などは共通性を感じさせます。
以上は2015年1月に訪問した際の記事です。

posted by ぱぺすけ at 17:16| Comment(0) | 城跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月05日

印旛沼公園梅園

 気温が上がり春らしい陽気になった昨日、印旛沼公園に出掛けてみました。

印旛沼公園

印旛沼公園

印旛沼公園

印旛沼公園


posted by ぱぺすけ at 14:12| Comment(0) | 公園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする