2016年05月26日

牛久市観光アヤメ園

 早咲きのハナショウブが咲いていました。多くの花を楽しめるのは6月中旬位でしょうか。

牛久市観光アヤメ園

牛久市観光アヤメ園

牛久市観光アヤメ園

牛久市観光アヤメ園

牛久市観光アヤメ園

牛久市観光アヤメ園

ラベル:茨城県 公園
posted by ぱぺすけ at 20:39| Comment(2) | 公園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月19日

大平山

 栃木県栃木市の太平山自然公園へ出かけました。

大平山

大平山
あじさい坂 − まだ全て蕾です。

大平山

大平山
随神門

大平山
謙信平からの眺望

posted by ぱぺすけ at 20:51| Comment(0) | 神社仏閣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月17日

成東城跡公園

 千葉県山武市の成東城跡公園を訪ねました。
 成東城最初の築城は、応永年間(1394〜1427年)の千葉氏家臣印東四郎(南郷師常)によるものと伝えらます。16世紀前半に再興され千葉氏惣領家の近親が城主を務めたとされますが、天正18年(1590年)小田原の役により陥落します。徳川家康の関東入封後は、二万石を以って石川康通、青山忠成等が封じられます。元和6年(1620年)青山氏が武蔵国岩槻城に転封すると、成東城は廃城となります。

成東城跡の概要は、現地案内板へ次の様に掲載されています。
成東城跡公園

成東城跡公園
案内板の地形図 − 青色の丸数字は加筆です。

成東城跡公園
公園入口(地形図①) − 右上は城之内曲輪

成東城跡公園
城之内曲輪 − 西部は2m程高い櫓台になっています。(地形図②から西方向を撮影)

成東城跡公園
城之内曲輪から南東方向の眺望 − 丘陵下の住宅地からの比高は40m程です。

成東城跡公園
櫓台からの眺め(地形図③から西方向を撮影) − 空堀跡を挟んだ向こう側は、宅地造成と公園整備で改変されており遺構は殆どなさそうです。

成東城跡公園
空堀跡(地形図④から北西方向を撮影) − 右が城之内曲輪

テニスコートや東屋を右手に見ながら公園内を進むと、遊歩道は南側斜面の急な下りに入ります。
成東城跡公園
城跡の南側斜面に残る横堀(地形図では左の図外)

城之内曲輪に戻ります。
成東城跡公園
地形図⑤から見た土塁の間の通路 − この先の土橋や愛宕曲輪(推定本丸)上の土塁と共に虎口を形成していると思われます。

成東城跡公園
土塁と愛宕曲輪の間にある堀切に架かる土橋

成東城跡公園
土橋(地形図⑥)から北西方向を撮影 − 堀切は数十メートル先で北東へ曲がり、愛宕曲輪と北西隣にある曲輪との間を隔てています。

成東城跡公園
土橋から南東方向を撮影 − 堀切の中に愛宕曲輪にある愛宕神社の参道が通っています。

成東城跡公園
麓にある鳥居 − 階段は参道として堀切まで繋がっています。

成東城跡公園
愛宕曲輪の土塁と虎口

成東城跡公園
愛宕曲輪

成東城跡公園
愛宕曲輪北部の土塁

成東城跡公園
北西隣の曲輪に通じる虎口があります。北西隣の曲輪は、宅地造成で削られて形や規模がはっきりしませんが、位置からすると本丸を守る武者だまりの機能があったのかもしれません。(地形図⑦から撮影)

成東城跡公園
愛宕曲輪北東側の腰曲輪

成東城跡公園
愛宕曲輪北東部の虎口(地形図⑧から撮影) − こちらは搦手でしょうか。丘陵の下まで道が続いています。

 この記事は、2016年1月に現地を訪問した際のものです。

posted by ぱぺすけ at 15:39| Comment(0) | 城跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする