東金城址の戦争遺跡

 東金城址に残る太平洋戦争中の遺構を紹介します。 第二郭南端にある重砲用観測所(地形測量図⑥) 入口部分 内部 正面 重砲用観測所の西隣にある施設 - 旧陸軍が築いたものと思われますが、用途は不明です。 第一郭の南西部にある土塁 - 1988年の発掘調査では、旧陸軍による盛土と推定しているようです。 蛸壺(塹壕)が…

続きを読む

岡堰

茨城県取手市の岡堰を訪ねました。 岡堰は、小貝川の水利を目的の作られた堰ですが、その歴史は380年前に遡ります。 寛永年間江戸幕府の手によって小貝川と鬼怒川が分離され、寛永7年(1630年)川筋が安定したこの地に堰が設けられました。 その後幾多の改修が行われています。 平成8年に竣工した現在の岡堰 堰の上流側にある中の島にはモニュメントが設置されています。 昭和期…

続きを読む

佐倉城址公園

ここは江戸時代には佐倉城があり、明治初めから昭和20年までは旧陸軍佐倉連隊が置かれていた場所です。近世と近代の遺構が混在し、見所がたくさんあります。 まず佐倉城の遺構から紹介します。 馬出し空堀。きれいに復元整備されていますが、往時は現在よりずっと深かったようです。この左手に国立歴史民俗博物館があります。 佐倉城の建物に使われていた礎石。旧陸軍の兵舎建設の際に流用され、国立…

続きを読む