大塚山古墳

 前回に続き古墳を訪問しました。千葉県香取市三ノ分目にある大塚山古墳です。 後円部の墳頂に通じる階段 - 案内板には次の様に記述があります。  利根川により自然形成された堤防上にある全長約一二〇メートルにおよぶ本地域最大の前方後円墳であり、五世紀(古墳時代)の中頃に造られたものと推定されている。  この古墳は、長持形石棺遺材が露出していたことなどから研究者の間では知られていた。…

続きを読む

三昧塚古墳農村公園

 茨城県行方市の北西端、国道355号線沿いにある三昧塚古墳農村公園です。 西側から見た復元古墳 駐車場に設置されている模型 - 説明文には平成16~17年度の整備事業で整形復元されたと記述されています。  この古墳の概要は、案内板へ次の様に記載されています。  三昧塚古墳は、鎌田川流域の沖積低地に築かれた、全長八十五メートル、後円部径四十七メートル、前方部幅三十六…

続きを読む

宮山観音古墳

 明野ひまわりの里で花を観賞した後は、県道向かいの宮山ふるさとふれあい公園内にある宮山観音古墳を見学しました。 古墳の模型 鹿島神社の参道が前方部と後円部の境あたりを貫いています。左が前方部、右が後円部です。 鳥居をくぐり神社境内から見た前方部 頂部に祠がある後円部。解説板によると、この古墳は全長92m、後円部直径45mで5世紀早期の築造と推定されています…

続きを読む